【日本ハム】痛恨の連敗で自力V再消滅

2018年9月16日20時29分  スポーツ報知
  • ベンチで険しい表情を見せる栗山監督

 ◆オリックス8―4日本ハム(16日・札幌D)

 日本ハムは痛恨の連敗で、自力優勝の可能性が再び消滅した。

 投打の歯車がかみ合わなかった。先発・マルティネスが初回に3安打を許し先制点を献上。前日の有原に続き2戦連続で初回に失点した。「真っすぐのコントロールがあまり良くなかった。立ち上がりが不安定だった」。6回6失点と試合を作れなかった右腕は、うなだれるしかなかった。

 打線も11安打を放ちながらもわずか4得点。痛恨の連敗で、首位・西武との差は7・5ゲームに広がり、8月24日の楽天戦(札幌D)で復活した自力優勝の可能性が再び消滅した。栗山監督は「試合全体を通して、支配しきれないのはこっちの責任なので。しっかりかみ合うようにバランスよくやっていきます」と絞り出した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)