【ソフトバンク】福田が同点打 柳田との約束を果たす 

2018年9月18日23時32分  スポーツ報知
  • 7回2死二、三塁、代打・福田が左前に同点2点打

 ◆ロッテ2―4ソフトバンク(18日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクが逆転勝ちした。「2点ビハインドから逆転できたのは大きかった。まだまだこれから。ホークスが勝つ(優勝)という気持ちが出ていた」と工藤監督もうなずいた。連敗を3で止め首位西武の追走へ再出発を切った。

 6回までは2点のリードを許し、脳しんとうの柳田、左太もも裏筋挫傷の今宮らを欠く打線もロッテ・有吉に散発の3安打に封じられる苦しい展開。だが7回2死一塁で高田が左翼線へ二塁打。今宮の登録抹消にともない、この日の午前中の飛行機で福岡から駆け付けて昇格した代役がチャンスメイクし、代打・福田の左前2点打で追いついた。9回1死満塁では川島が中堅へ決勝犠飛を放った。

 柳田と同学年で仲のいい福田は「慶三(川島)さんと『お前が帰ってきたとき、これ以上引き離されていない位置(ゲーム差)でやらせる』と伝えた。戻って来るまでに縮めておきたい」と柳田にメッセージを送ったことを明かした。逆転Vへ厳しい状況だが、タカはリーグ連覇へ最後まであきらめず戦い抜く。

プロ野球
注目トピック