【中日】白井オーナー、来季監督人事に「今回は落合は関係ない」

2018年9月19日6時0分  スポーツ報知
  • 落合博満氏

 中日の白井文吾オーナー(90)が18日、来季監督人事について「今回は落合は関係ない」と、落合博満元監督(64)が介入していないことを明かし、次期監督として同氏を招へいする可能性もないことを激白した。

 愛知県内で取材に応じた総帥は、既に来季の監督人事に着手していることを改めて吐露したが、その表現は「今回は落合は関係ない。彼は第三者であって当事者ではない。彼がアドバイスしてくれているわけでもない」というもの。谷繁前監督、森監督の就任時とは違い、“脱落合”で人選を進めていることを強調した。

 白井オーナーは13年秋、当時の高木監督の後任について、在野の評論家だった落合氏に相談。腹案だった谷繁氏の監督兼任プランを落合氏が歓迎したことを受け、プレーイングマネジャーに据えた。同時に落合氏の提案を受けて同氏をGMに起用。16年8月の谷繁監督解任と同年9月の森監督就任も、落合GMと同オーナーで進めた人事だった。

 新監督人事について総帥は、落合氏が8年ぶりに復帰する可能性も明確に否定した。「考えたことがない。やると複雑な反応が起きるだろうから。だってみんな落合を排撃したんだもん」と、親会社の中日新聞社内に反対意見が根強いことを示唆。一方で「好き嫌いがあるから。(本来は監督人事に)好き嫌いなんて関係ないんだけど。みんな感情的にいろんなことを考える」と、8年間でリーグ制覇4度と日本一1度に導いた落合氏の手腕に、いまだ未練があることもうかがわせた。

プロ野球
注目トピック