【ソフトバンク】4点差を逆転勝ち。13勝目の石川は勝利を呼ぶ男

2018年9月20日23時34分  スポーツ報知
  • 13勝目を挙げたソフトバンク・石川

 ◆日本ハム7―9ソフトバンク(20日・札幌ドーム)

 ソフトバンクの石川柊太投手(26)が2日連続の白星。チームトップ、リーグ2位タイの13勝目をマークした。

 同点の7回。2死から一、三塁のピンチを背負ったが最後は横尾を鋭く変化する得意のパワーカーブで三振に切った。直後の8回に中村晃の決勝打が飛び出し19日のロッテ戦(ZOZO)に続く勝利。「『投げたらチームが取りそう』と言ってもらえたりする。いい流れを持って来られているのかな。意気に感じながら自分の役割を果たせばチームに貢献できる」と白い歯がこぼれた。

 初回に4点を先制されたもののビハインドをものともせず逆転勝ち。西武に3連敗後、意気消沈することなく3連勝。ゲーム差も6に縮めた。「崖っぷちの状況でチームがひとつになっている」とナインの奮闘に工藤監督も目を細めていた。

プロ野球
注目トピック