【ソフトバンク】柳田、復帰戦でマルチ安打 5連勝で首位・西武と6差

2018年9月24日7時0分  スポーツ報知

 ◆ソフトバンク2―0日本ハム(23日・福岡ヤフオクドーム)

 主砲の復帰戦を最高の結果で祝った。脳しんとう特例措置で17日から出場選手登録を外れていた柳田が1軍に復帰。「4番・中堅」の定位置で出場し、初回に左前安打。3回は全力疾走で三塁内野安打。いきなりマルチ安打を記録した。「違和感はなかったです。負けなくて良かった。皆さんのおかげです」と安どした。

 0―0の5回2死で3番・グラシアルが右翼テラス席へ2試合連続の8号ソロを放った。「自信を持って打席に立てている。柳田が戻ってきて、打線が強くなった」と助っ人は胸を張った。8回は5番・デスパイネの二塁打をきっかけに2点目を奪った。工藤監督は「(相手は柳田を)一番警戒するので、そこから点に結びつく」と相乗効果を実感。4番・柳田をキューバ人コンビで挟む強力クリーンアップが完成し、見事に5連勝を飾った。

 柳田は16日のメットライフでの試合前、西武の選手の打撃練習での打球が左側頭部に当たった。17日に出場選手登録を抹消され、18日のロッテ戦前にチームを離れる際、仲の良い福田や川島に「帰ってくるまで、この位置にいるから」と励まされた。その約束通り、チームは一丸となって、18日のロッテ戦から負け知らず。いい形で柳田の復帰を迎え入れた。

 15日以来の試合でフル出場した柳田は「ぐっすり眠れます。何か疲れますよね、野球は」と穏やかに言い、さらに「みんながすごい。自分は(これから)やるだけ」と決意を固めた。首位・西武とは6ゲーム差だ。「良い戦いができている。どこにも負けられない」と指揮官。最後まで大逆転Vを目指す。(牟禮 聡志)

プロ野球
注目トピック