【阪神】糸井、左肩痛で出場選手登録抹消

2018年9月29日13時29分  スポーツ報知
  • 出場登録を抹消された阪神・糸井

 中日―阪神(29日・ナゴヤドーム)

  阪神・糸井嘉男外野手が(37)が29日、出場選手登録を抹消された。名古屋市内の病院で精密検査を受け、左肩腱板(けんばん)の部分損傷と診断された。

 21日の広島戦(マツダ)の8回に、新井の打球にダイビングキャッチを試みたときに左肩を負傷したとみられ、その後も治療を施しながら出場を続けてきたが、痛みが緩和されることはなかった。今後は未定だが、回復を優先し治療を続けることになりそう。

 今季は119試合に出場。打率3割8厘、16本塁打、68打点、22盗塁でチームを引っ張った。糸井の代わりには、同じ外野手の高山が、6月27日以来の1軍昇格となる。

プロ野球
注目トピック