【日本ハム】2年目右腕・高良が戦力外「野球の難しさを知りました」現役続行を希望

2018年10月5日11時56分  スポーツ報知
  • 千葉・鎌ケ谷の球団寮前で取材に応じる日本ハム・高良

 日本ハムは5日、千葉・鎌ケ谷のファーム施設で高良一輝投手(24)と来季の契約を結ばない旨を通達したと発表した。

 高良は2016年ドラフト3位で九産大から日本ハムに入団したが、1軍登板はなし。今季2軍では24試合に登板し、0勝4敗、防御率7・65の成績だった。プロ入りからの2年間を「自分の力を発揮できなくてすごく悔しい気持ちがあります。あまりいい結果が出せなくて、悔しいことばかりだった。野球の難しさを知りました」と振り返った。

 今後については「まだ24歳なので、(12球団合同)トライアウトとかを受ける方向でやっていこうと思っています」と現役続行を希望した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ