【ロッテ】金足農・吉田プロ表明に林球団本部長「1位で消える選手。そのつもりで検討します」

2018年10月10日18時1分  スポーツ報知

 金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星(3年)が正式にプロ志望届を提出したことで、各球団はドラフト戦略を再考することになる。

 ロッテの林信平球団本部長は「間違いなく1位候補ですね。150キロを超える直球が魅力的。(吉田も)1位で消える選手。そのつもりで検討します」とドラフトの目玉に対して最大級の評価。今秋ドラフトではチームは大阪桐蔭・藤原、根尾と東洋大・甲斐野らも1位候補に挙がっているが、チームの補強ポイントや他球団との兼ね合いを見ながら指名の検討に入る。

プロ野球
注目トピック