【ソフトバンク】和田と来季も契約 三笠本部長が明言「けがが治れば戦力」

2018年10月11日6時0分  スポーツ報知
  • ソフトバンク・和田

 現役続行の意向のソフトバンク・和田毅投手(37)について、三笠杉彦球団統括本部長(44)が10日、「けがが治れば戦力として評価している」と来季も契約を結ぶ方針を明言した。

 3年契約最終年の和田は2月のキャンプ中に左肩違和感を訴え1軍登板ゼロに終わった。筑後市内のファーム施設で汗を流した左腕は「(同世代の松坂)大輔は3年苦しんだ中から素晴らしい活躍をしている。まだまだ頑張らないといけない気持ちの方が強い」と再起を誓った。

プロ野球
注目トピック