【阪神】矢野新監督、最有力 2軍監督1年目の日本一を評価

2018年10月12日6時0分  スポーツ報知
  • 試合後、記者の囲み取材を受ける阪神・矢野2軍監督

 阪神・金本知憲監督(50)が11日、17年ぶりの最下位に低迷した責任を取り、電撃辞任した。就任2年目を2位で終えた昨オフに新たな3年契約を結んでおり、来季の続投が既定路線だった。後任の最有力候補には矢野燿大2軍監督(49)が挙がっていることが明らかになった。

 阪神は、矢野2軍監督を次期監督の最有力候補としていることが11日、分かった。今季は2軍監督の就任1年目でファームを日本一に導き、電鉄本社、球団内で指導者としての評価が高まっていた。揚塩球団社長は監督人事について「これから早急に詰めていきます」と説明。一本化でき次第、正式な就任要請を行う。

 球団では矢野2軍監督なら金本路線をスムーズに継承できると分析。昨季までは1軍作戦兼バッテリーコーチとして金本監督を支えており、来季は1軍ヘッドコーチとしての入閣も内定していた。現在は宮崎のフェニックス・リーグで2軍を率いており、日向市内でハンファ(韓国)戦後に取材対応。「(金本監督とは)大学も一緒だし現役も一緒。球団、ファンに恩返ししたいと思って(阪神に)戻ってきた。悔しいし…。(金本)監督の気持ちもあるから、それ以上は」と表情を曇らせた。次期監督についての話題には「何もない。答えられない」と話した。

 球団内では昨季まで2軍監督を務めた掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(63)を推す声もある。抜群の人気と知名度を誇り、阪神ファンからは根強い待望論がある。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)