【阪神】矢野新監督、初仕事は上本の残留要請「自分もFAの時はすごく悩んだ」

2018年10月17日6時0分  スポーツ報知
  • 矢野監督

 阪神の矢野燿大新監督(49)が16日、国内FA権を取得する見込みの上本博紀内野手(32)に「残留要請」した。就任要請受諾から一夜明け、“初仕事”として兵庫・鳴尾浜の練習場を訪問。来季のチーム編成、戦力を大きく左右する存在と評価する上本に「監督としては残ってほしい」と訴えかけた。

 フェニックス・リーグで滞在していた宮崎で13日に就任要請を受け、14日に帰阪。15日に受諾して「激動やぞ、ほんま…」と目が回る忙しさの中でも、戦力確保には余念がなかった。上本は今年5月に痛めた左ひざのリハビリ中。矢野新監督は現役中も2年間ともにプレーした後輩のもとへ自ら出向き「自分もFAの時はすごく迷ったし悩んだ。上本もそうなっていると思うから」と時間を費やした。

 2軍監督を務めた今季はウエスタン115試合で163盗塁と、走力をフル回転させてチームを12年ぶりのファーム日本一へ導いた。それだけに「使う側とすれば、いてくれるのはすごくありがたい。チームにすごく必要なタイプ」と俊足巧打にパンチ力も備えた上本の必要性を強調。同時に「最終的な考えは上本自身がね(決めること)」と思いやりのある言葉も添えた。

 上本については球団首脳も「大事な権利ですが、気持ちは伝えさせていただいた」と説明し、すでに複数年契約を提示している。上本との面談後には、甲子園でドラフトや補強面などについても球団と協議した矢野新監督。就任会見も終えていないタイミングで、新指揮官として早くも来季へ動き出した。(長田 亨)

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)