【西武】力と力のぶつかり合い 山川、千賀から豪快CS2号

2018年10月19日19時49分  スポーツ報知
  • 4回1死、山川が左翼席へソロ本塁打を放つ(捕手・甲斐)(カメラ・生澤 英里香)

 ◆CS最終ステージ第3戦(西武2勝1敗)西武―ソフトバンク(19日・メットライフ)

 西武の山川穂高内野手(26)がソフトバンクの千賀滉大投手(25)から特大のアーチを放った。0―7の4回1死。2球で2ストライクと追い込まれたが、カウント2―2から内角149キロを豪快なフルスイングで左翼席上段に運んだ。

 CS最終ステージ初戦(17日・メットライフ)でバンデンハークから放った一発に続き、CS2号ソロ。今季47発で本塁打王に輝いたスラッガーが、大舞台でもパワーを示している。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)