【西武】来季5億円でメヒアが残留

2018年10月22日5時0分  スポーツ報知
  • 西武・メヒア

 西武のエルネスト・メヒア内野手(32)が来季も年俸5億円で残留することが21日、分かった。14年には来日1年目で本塁打王も、5年目の今季は82試合の出場にとどまり、打率2割1分2厘、9本塁打、21打点。17年から3年15億円プラス出来高の契約を結んでおり、来季も残留する。

 また、球団は今季途中加入でブルペンの救世主となったデュアンテ・ヒース投手(33)、カイル・マーティン投手(27)に残留要請する方針。ブライアン・ウルフ投手(37)、ファビオ・カスティーヨ投手(29)については未定。郭俊麟投手(26)は残留する。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)