【オリックス】来季スタッフ発表 日本ハム退団の中嶋聡氏が2軍監督、福良前監督は育成統括GMに就任

2018年10月22日12時52分  スポーツ報知
  • 古巣・オリックスの2軍監督に就任する中嶋聡氏。今季まで日本ハムでコーチを務めた

 オリックスが22日、来季のコーチングスタッフを発表した。西村徳文新監督(58)を支える要職として風岡尚幸1軍内野守備走塁コーチ(50)がヘッドコーチを務め、風岡氏の後任には勝呂壽統2軍内野守備走塁コーチ(55)が昇格。田口壮2軍監督(49)は1軍野手総合兼打撃コーチに就く。一方で、藤井康雄1軍打撃コーチ(56)は2軍打撃コーチに配置転換された。

 新たな顔ぶれでは、日本ハムで1軍バッテリー兼作戦コーチを務め、今季限りで退団していた球団OBの中嶋聡氏(49)が2軍監督に就任。同じく球団OBで楽天ジュニアコーチの後藤光尊氏(40)は2軍内野守備走塁コーチに就くことになった。

 また、福良淳一前監督(58)は新ポストの育成統括ゼネラルマネージャー(GM)に就任する。ファームの育成にフロントの立場で関わり、1、2軍のパイプ役として期待される。

 長村裕之球団本部長(59)は「チームの底上げ、レベルアップができる布陣。中嶋、後藤もうちで育った選手ですし、チームに思い入れを持ってやってくれると思う」と説明した。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)