【西武】菊池雄星「夢」メジャー移籍へ近日中に球団と会談

2018年10月30日6時0分  スポーツ報知
  • 秋季練習に参加し、キャッチボールをする菊池

 今オフのメジャー移籍が確実となっている西武・菊池雄星投手(27)が29日、メジャーへの思いを改めて口にした。この日、西武第二で秋季練習がスタート。左腕は「(メジャーの舞台は)高校からの夢。それは今もずっと持っている」と口にした上で、「球団との話し合いはまだ。現段階で特に動いていることはない」と話した。近日中にも球団と話し合う予定だ。

 また、炭谷銀仁朗捕手(31)、浅村栄斗内野手(27)はFA権を行使するかどうかが注目されている。両選手はすでに一度、球団と話し合いをしており、浅村は「(日本シリーズが終わるまでは)ゆっくり考えたい」。炭谷は「出る方向がメインでなく、残留も当然ある。手を挙げるかもわからない。いろんなことを含めて考えます」と慎重な姿勢を見せた。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)