台湾の大王「引退するまで日本で」ポスティング表明、王柏融インタビュー

2018年11月13日6時0分  スポーツ報知
  • 日本移籍への思いを語ったラミゴ・王柏融

 【桃園(台湾)=長井 毅】台湾・ラミゴの強打者、王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)が、スポーツ報知などのインタビューに応じた。台湾最強打者は今オフにポスティングシステムを利用し海外移籍を目指すことを表明。西武、楽天などに加えメジャーも熱視線を送る中、「引退するまで日本で」と生涯、NPB球団でプレーしたい願望を明かした。

 口調は熱を帯びた。王は海外移籍先の第一候補について聞かれると、力強く答えた。

 「日本を希望しています。子どもの頃からテレビ中継、報道などを通して、日本の野球についてはよく目にしていて知っている。憧れの選手たちとともに活躍、プレーできることを期待している。出場機会の得られるところでプレーしたいというのが希望です」

 幼い頃にテレビ越しに見ていたイチロー、松井、松坂の華々しいプレーが脳裏に焼き付いている。数々のスターのように晴れ舞台で活躍したいとの思いが高まり決断した。

 10月17日に台湾球界初となるポスティングシステムでの海外挑戦を表明。西武や楽天などが注目する一方で、ロッテをはじめ多くのNPB球団は獲得を見送る方針を固めた。現在までに入札の知らせは届いていないが、本人は是が非でも日本でプレーしたい一心だ。

 「全部を見てほしい。打撃、守備、走塁。全てを見てほしいと思います」

 今季年俸は2400万円(推定)だが、「お金」よりも「夢」を追っている姿に見えた。

 昨年まで2年連続で打率4割を記録。2017年には3冠王を獲得。今季は相手投手に激しくマークされながらも打率3割5分1厘、17本塁打、84打点の成績を残した。日本球界でもやっていける自信はある。

 「1年通して健康な状態で試合に挑み、そこでいい成績を残したい。何年間とかは決められないですが、引退するまで日本でプレーできたら最高だと思います」

 ◆王 柏融(わん・ぼーろん=Po―Jung Wang)1993年9月9日、台湾生まれ。25歳。中国文化大から2015年のドラフト1巡目でラミゴ入団。同年のプレミア12にも出場。17年には打撃3冠王に輝き2年連続MVPを獲得。ニックネームは「大王」。181センチ、90キロ。右投左打。年俸2400万円。

プロ野球
注目トピック