【日本ハム】中田翔、残留へ…13日に札幌市内の会見で表明

2018年11月13日6時0分  スポーツ報知
  • 日本ハム・中田翔
  • 主なFA有資格者

 日本ハムの中田翔内野手(29)が、来季残留する意向であることが12日、分かった。海外FA権を保持し、13日のFA申請締め切りまで熟慮を重ねてきたが、近い関係者には来季も日本ハムでプレーする意向を示している。13日に札幌市内で会見を行い、表明する。

 中田はこの日、北海道内で取材に対応。13日には再度、球団との交渉を予定しており、「明日、また話して最終的に決める」と話すにとどめた。だが関係者によると、信頼を置いて主軸としての起用を続けてくれた栗山監督への恩義を感じており、残留へと気持ちが傾いているもようだ。

 球団は早くから慰留に努めてきた。中田は主将に就任した今季、140試合に出場して打率2割6分5厘、25本塁打、リーグ3位の106打点を記録。プロ通算200本塁打も達成し、2年ぶりのAクラス入りに貢献した。今季年俸は2億円プラス出来高(推定)だが、アップは確実。球団幹部が「しっかりとしたオファーを出している」と話すなど、最大限の誠意を伝えて中田の決断を待っている。

 17年オフには国内FA権を行使せず残留したが、今回も愛着のあるチームのために残留を決める見通し。16年以来のリーグ優勝、日本一を目指すチームの中心で、来季も存在感を示す。

プロ野球
注目トピック