【日本ハム】中田が海外FA権行使せず残留 ファンの横断幕「お前が必要 中田翔」も決め手に

2018年11月13日16時12分  スポーツ報知
  • 海外FA権を行使せず残留を宣言した中田

 日本ハムの中田翔内野手(29)が13日、保有する海外FA権を行使せず残留することを表明した。球団から提示された年俸は今季の2億円プラス出来高(推定)から、3年契約で出来高込み10億円(推定)。FA申請期限ぎりぎりまで熟考してきたが、「この度残留することを決めました。この3年は全うしたい」とすがすがしい表情で語った。

 残留の決め手の1つにファンの声があった。今季終盤、スタンドのファンから「お前が必要 中田翔」の横断幕が掲げられた。「胸に突き刺さった。精神的に苦しい時期にああいう応援してもらって感謝している。その思い、気持ちっていうのは忘れちゃいけない」。FA権を行使しなかったのも「残るって決めた以上は気持ち良く残るのがいい。男らしく残りますっと言った方がいい」と男気を示した。

 主将に就任した今季は、140試合で打率2割6分5厘、25本塁打、リーグ3位の106打点を記録した。プロ通算200本塁打にも到達し、主砲として日本ハムを引っ張った。「まだまだ北海道日本ハムファイターズで出来ていないことがたくさんあると改めて思いました」。16年以来のリーグ優勝、日本一を来季はつかみ取る。

プロ野球
注目トピック