【侍ジャパン】菊池の勝ち越しスクイズで逆転勝利…MLB選抜に3勝1敗

2018年11月13日22時6分  スポーツ報知
  • 9回1死一、三塁、セフティスクイズを決める菊池(カメラ・池内 雅彦)

 ◆日米野球第4戦 侍ジャパン5―3MLBオールスター(13日・マツダスタジアム)

 侍ジャパンが土壇場の逆転劇で勝利。今シリーズ3勝1敗とした。

 2点ビハインドの9回に打線が粘りを見せた。先頭の代打、楽天の田中和が四球で出塁すると盗塁を決め、無死二塁からソフトバンク上林のタイムリーで1点差。1死二塁から広島・田中広の中前打で同点とした。

 盗塁と敵失、申告敬遠などでなおも1死一、三塁のチャンスで、広島・菊池のセーフティースクイズが決まり勝ち越し。さらに柳田の遊ゴロの間に1点を加え、この回一挙4点で逆転した。

 2点リードを4番手のDeNA・山崎が守りきりゲームセット。広島の大瀬良がドジャース・前田とのカープ新旧エース対決と注目される中で先発し、5イニングを2安打1失点と好投した試合で、最後に打線が奮起した。

プロ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ