【楽天】育成で再契約のフェルナンド、200万円減の500万円でサイン

2018年11月15日19時32分  スポーツ報知

 10月に楽天を自由契約となったルシアノ・フェルナンド外野手(26)が15日、楽天と育成で再契約し、200万円ダウンの500万円でサインした。

 両親がブラジル人でブラジル生まれながら、5歳の時に来日。桐生第一高、白鴎大を経て14年のドラフト4位で楽天に入団した。今季は4、5月に1軍で試合に出場。11試合で16打数3安打、打率1割8分8厘に終わった。だが、イースタンでは84試合で8本塁打、40打点、打率2割7分7厘とまずまずの成績を残した。

 外野にはドラフトで1位・辰己(立命大)、7位・小郷(立正大)が指名され、巨人からトレードで橋本到が加入。競争が激化するが、育成からの下克上へ向けて「今シーズンは、怪我が多かったなかで、無理をしてしまい、最後の1か月は試合にも出られず後悔のシーズンでした。しかし、そんななかでも打撃では、数字を残すことができました。また4年目のシーズンということもあり、いろいろと試すことも出来たので、この成果を来シーズンにつなげていきたいです」とコメントした。

プロ野球
注目トピック