【楽天】ドラ7・小郷裕哉、1位・辰己に負けない

2018年11月18日6時0分  スポーツ報知
  • 初めて楽天のユニホームに袖を通した小郷(左は沖原スカウト)

 楽天のドラフト7位・小郷裕哉外野手(22)=立正大=が17日、都内のホテルで契約金2700万円、年俸700万円で契約に合意。身体能力の高さと走攻守3拍子そろった左打者として評価され、外野の競争を激化させることを誓った。

 ハイレベルな争いの中でも、埋もれない自信はある。「(ドラフト1位の)辰己くんも一緒に入るし、田中選手もいる。その中で自分も期待してもらっている。しっかりチャンスをつかめるように、準備していきたい」。不動のレギュラー島内に加えオコエらも控えるが、存在感を示していく。

 担当の沖原佳典スカウト(46)も「スピードがあるのは分かっているし、広角に打てるしパンチ力もある。肩も素晴らしい。(入団時の)田中より完成度は高いし、1年目から勝負できる」と絶賛した。神宮大会では主力として優勝に貢献した小郷。プロの世界でも、勝負強さを発揮していく。(山口 泰史)

プロ野球
注目トピック