【阪神】新人の高橋遙、谷川とも微増で一発更改

2018年11月20日19時47分  スポーツ報知
  • 100万円増の1300万円で契約を更改した阪神・高橋遙人

 阪神の高橋遥人投手(23)と、谷川昌希投手(26)が兵庫・西宮の球団事務所で、初めての契約更改交渉に臨んだ。ドラフト2位で入団し、2勝3敗の高橋遥は100万円増の1300万円。ドラフト5位で1勝1敗の谷川は60万円増の900万円で一発サインした。

 金本前監督がホレ込んだ逸材の高橋遥は、デビュー戦となった4月11日の広島戦で7回無失点の好投を見せて初白星。だが、4月22日の巨人戦では岡本に3ランを浴びるなどし、5回途中7失点でKOされた。6月中旬以降は左肩のコンディショニング不良で戦列を離れ、「チームが苦しかったときに戦力になれなくて本当に申し訳なかったです」と話した。

 谷川は1軍初登板となった5月10日の巨人戦(東京D)で、阿部に3ランを浴びて黒星デビュー。その後は先発のチャンスがなく、リリーフで6試合に投げた。「1年目は思ったより早く時間が過ぎていったイメージです。掲げていた目標を全然達成することが出来なかった」と悔しがった。

プロ野球
注目トピック