【楽天】石井GM手腕発揮 西武からFAの浅村獲得に成功

2018年11月20日21時33分  スポーツ報知
  • 楽天への移籍が決まった浅村

 楽天が、西武から国内フリーエージェント(FA)権を行使した浅村栄斗内野手(28)を獲得することが20日、分かった。球団関係者によると、浅村から入団の意向を伝えられた。

 浅村は今季、西武の日本人としては初の「3割30本100打点」を達成。127打点を挙げて打点王に輝くなど、主将としてもチームの中心となり10年ぶりのリーグ優勝へと導いた。今季最下位に沈み、チーム打率2割4分1厘、総得点520点がともに12球団ワーストと貧打に嘆いた楽天は、固定出来なかった二塁手と言うこともあって、シーズン中から水面下で調査。球団初の日本一に輝いた2013年以来の栄冠へ、のどから手が出るほど欲しいピースだった。

 18日に都内で約2時間行った初交渉では、石井GMが直接交渉。4年20億円を超えると見られる大型契約に加え、背番号にはこれまで西武で着けていた「3」を提示した。石井GMも短い時間の中で「(自身が)環境の変化をしてきた人間なので、(移籍が)プラスになる話をした。移籍と言うことをマイナスに捉えて欲しくないので。セカンドを守れて打撃もすごくて、背中で引っ張れる選手はもう現れないと思う。どれだけ必要としているかを話しました」と口説き落とした。

 オリックス、ソフトバンクも獲得に名乗りを上げていたが、この日までに両球団には断りの連絡が入った。

 ◆浅村 栄斗(あさむら・ひでと)1990年11月12日、大阪府生まれ。28歳。大阪桐蔭では「1番・遊撃」で08年夏の甲子園優勝。同年ドラフト3位で西武入団。2013年は一塁手として110打点で打点王。14年以降は二塁手。17年から主将を務め、主に3番。182センチ、90キロ。右投右打。独身。年俸2億1000万円。

プロ野球
注目トピック