【DeNA】山崎康晃、球団5年目最高額の2億5000万円!大魔神超え&メジャー挑戦

2018年12月8日6時0分  スポーツ報知
  • 山崎は更改を終え、来季の目標を「優勝」と色紙にしたためた
  • プロ5年目での最高年俸

 DeNAの山崎康晃投手(26)が7日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億円増の2億5000万円(金額は推定)でサイン。来季5年目の年俸としては球団史上最高で、日本球界でも4番目のビッグマネーだ。今季37セーブで初タイトルを獲得した守護神は球団の先輩“大魔神超え”に加え、日本一からのメジャー挑戦の夢も口にした。DeNAは山崎で全選手の契約更改を終えた。

 筒香と並ぶ球団の顔にふさわしい金額だった。5年目では摂津、ダルビッシュ、大谷に次ぐ金額に「納得いく提示でサインさせていただきました。想定していなかったし、そういう評価はうれしい。責任が出てくる。アスリートとしても、人としても一流になっていきたい」と気を引き締めた。

 目指すべきは絶対的守護神だ。今季はタイトルを獲得も2勝4敗、防御率2・72。「4敗をひとつでも少なく。1敗でも少なくすることが優勝への近道」とシーズン無敗を目指す。目標は日米通算381セーブの大魔神・佐々木だ。「大先輩に近づけたとは思うけど、まだまだ力不足」と現実を認めながらも、先輩右腕が日本一となった1998年にマークしたキャリアハイの45セーブを「超えたい思いはあります。大魔神さんは4年連続(セーブ王)ですよね? 僕も毎年名前を呼ばれるようにしたい」と偉大な数字を追いかけていく。

 さらにその先も見据える。先月末、筒香がメジャー挑戦の思いを球団に伝えたばかり。山崎も「非常に興味がある。まず日本一になってから。夢に向かって明確な目標を持ってやっている。体がボロボロになる前にトップの人と力比べがしたい」と純粋な思いを告白した。海外FA権の獲得は早くても2023年オフ。球団に正式な要望は伝えていないが、31歳での挑戦より前に海を渡りたい意向を示した。ハマの名物「ヤスアキジャンプ」のように―。年俸も成績も跳びはねるように上昇させ夢をかなえていく。(岸 慎也)

プロ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ