【阪神】今季5勝の藤浪 3600万円減の8400万円でサイン「がっつりダウンだった」

2018年12月11日12時50分  スポーツ報知
  • 3600万円ダウンに渋い表情の阪神・藤浪

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が11日、兵庫・西宮市の球団事務所で行われた契約更改交渉に臨んだ。今季の年俸1億2000万円から3600万円(30%)減の8400万円(金額は推定)でサイン。「がっつりダウンだった。プロ野球はそういうもの。活躍すれば上がるし、活躍しなければ下がる」と吹っ切れた表情で話した。

 今季は13試合で5勝3敗、防御率5・32。開幕2戦目の先発を託されるなど、メッセンジャーに次ぐ先発候補として期待されたが、不振で1軍と2軍を行き来した。球団からは「藤浪がしっかりイニング(数を)投げてもらわないと、上(の順位)に上がってこれないから頑張ってくれ」と、17年ぶりの最下位から巻き返しのキーマンとして声をかけられたという。

 9月29日の中日戦(ナゴヤD)では2016年以来2年ぶりの完封勝利も挙げ、光明も見えた。来季の雪辱に燃える右腕は「(来季は)イニングとして大きくもっていきたいので、180とか200イニング。目標は大きくしていかないと」と前を向いた。

プロ野球
注目トピック