【西武】育成2位・大窪、夢は日本人最長身「2メートル」

2018年12月14日6時0分  スポーツ報知
  • ファンの前でポーズをとる(前列左から)森脇亮介、粟津凱士、渡辺勇太朗、松本航、山野辺翔、牧野翔矢(後列左から)中熊大智、東野葵、辻発彦監督、佐藤龍世、大窪士夢
  • 新入団選手発表会で登壇した大窪(右)。隣の佐藤と比べてもひときわ身長の高さが目立った

 西武の育成ドラフト2位で現役日本人最長身となる198センチ右腕・大窪士夢(じゆ)投手(18)=北海=が13日、所沢市内の新入団発表会で、日本人史上最長身となる巨人・馬場正平(後のジャイアント馬場)の200センチに到達するビッグな夢を描いた。

 阪神・藤浪の197センチを上回る大型新人は、契約前のメディカルチェックでまだ0・8センチ伸びていた。「今は198・8センチ」と告白。「2メートルいけたら。区切りがいい」。あと1・2センチ。日本人NO1の馬場さんに肩を並べる野望を明かした。

 小3で野球を始めるまでバスケットボールに夢中。小6で178センチに達し、中高でバレー、バスケ部に勧誘された。「特技はバスケのダンク。バレーはほかの選手のアタックを飛ばずに止められる」と笑わせた。

 最速136キロという未完の大器。辻監督は「制球がよく、指が長いのでフォークも落ちると聞いている。プロの体になれば、150キロ投げられる」と見上げた。大窪は「支配下になって1軍で活躍し、夢をかなえたい」。レオの巨人が背筋を伸ばした。(山崎 智)

プロ野球
注目トピック