【阪神】糸井、打倒巨人へ“岩隈撃ち”「対戦すごく楽しみ」

2018年12月14日6時0分  スポーツ報知
  • 契約更改を終え、笑顔で会見する糸井

 阪神・糸井嘉男外野手(37)が13日、“岩隈撃ち”によるG倒を来季のテーマに掲げた。兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の4億円でサイン。巨人に入団する岩隈久志投手(37)について「同級生ですけど、すごく尊敬している。対戦できるのですごく楽しみ」と勝負を心待ちにした。

 糸井は日本ハム時代の08年、楽天に在籍する岩隈と初対戦。通算31打数10安打の打率3割2分3厘、2本塁打と好相性を誇った。巨人戦は7年連続で負け越しているため逆襲の思いも強く「(巨人の)補強とか見てるとすごい。全員で力を上げて立ち向かいたい」と、闘志をむき出しにした。

 今季は夏場の右足ひ骨骨折と終盤の左肩負傷で119試合の出場に終わった。「あまり振り返りたくない1年だった」と会見中の笑顔はなかったが、それでも打率3割8厘、16本塁打、22盗塁はチームトップ。オフはここまで故障箇所のケアを優先し、1月からはソフトバンク・柳田やオリックス・吉田正と沖縄で自主トレを行う。今季、糸井が欠場した24試合は7勝17敗と大きく負け越し。来季の目標に掲げた全試合出場と岩隈撃ちで“糸井ロス”も一掃する。(長尾 隆広)

プロ野球
注目トピック