【阪神】西が入団会見「甲子園を熱くしたい」

2018年12月14日13時29分  スポーツ報知
  • 背番号16の縦じまユニホーム姿を披露した西

 オリックスから国内フリーエージェント権(FA)を行使して阪神入りを決めた西勇輝投手(28)が14日、大阪市内のホテルで入団会見を行った。背番号「16」も発表。「ホッとしています」と素直な気持ちを言葉にした。真新しい縦じまのユニホームに袖を通した右腕は「イニングを重視している。しっかりとイニングを稼いでいきたい。甲子園を熱くしたい」と意気込み、「虎の西勇輝」が誕生した。

 会見に同席した矢野燿大監督(50)から「欠点の少ない投手。球のキレ球種、フィールディング。全てにおいてレベルの高い投手。(今までの最高勝利数は)12(勝)? 13(勝)は勝ってくれると思う」と声をかけられると、トレードマークの笑顔がはじけた。今月末からは巨人・菅野らとハワイで自主トレを行う予定。新天地で挑むプロ11年目のシーズンに向けて、着々と準備を進めていく。

 ◆西勇輝(にし・ゆうき)1990年11月10日生まれ、三重県出身。28歳。菰野高から2008年ドラフト3位でオリックスに入団。今季10勝13敗で、通算成績は209試合登板で74勝65敗1セーブ、防御率3・30。181センチ、80キロ、右投右打。

プロ野球
注目トピック