【オリックス】西の補償、阪神から名簿届いた「人的補償で」

2018年12月15日6時0分  スポーツ報知
  • 阪神に入団し、矢野監督(左)と満面の笑みで握手を交わす西(カメラ・豊田 秀一)

 オリックスの長村球団本部長が14日、京セラD内の球団事務所で、阪神から、FA移籍した西の補償における、プロテクト28選手を除く名簿が届いたことを明かし「人的補償で検討していく」と方針を示した。リストの印象は「考えていたようなところ」とし、15日に西村監督と会談する意向。「編成(部門)の調査担当も含めて、意見をすり合わせていく。長引かせるつもりはない」と年内に結論を出す見通しを語った。

 阪神の谷本球団副社長兼本部長は提出した名簿について「オーソドックスな感じ。奇をてらったものはない」と話し、高額年俸者はプロテクトしたとみられる。

プロ野球
注目トピック