【ロッテ】田村、来季の珍目標…「一発目を大事にしたい」

2018年12月16日17時32分  スポーツ報知
  • 千葉市内でトークショーに参加したロッテ・田村(左)と三木

 ロッテ・田村龍弘捕手(24)が16日、来季の珍目標?を掲げた。今季の犠打成功率は企画19に対し、成功16で成功率は8割4分2厘。リーグ10位タイの成績をマークしたが、シーズン序盤には1試合で計4球、送りバントをミスすることもあった。「苦手ではないけど、1回失敗すると、(気持ちが)引き気味になる。来年最初の(犠打の)サインが出た時は一発目を大事にしたい」と2019年シーズン最初の犠打成功を誓った。

 この日は千葉市内で同僚の三木とともに、トークショーやチャリティーオークションでファンと交流。12月16日が誕生日のファンを見つけると、即席で今季使用していた自身のリュックをプレゼントするなど、“男気”も見せていた。

プロ野球
注目トピック