【ロッテ】松永、60登板も1000万円増止まり…中継ぎ陣の待遇改善要求

2018年12月17日12時45分  スポーツ報知
  • 契約更改したロッテ・松永

 ロッテ・松永昂大投手(30)が17日、ZOZOマリンで契約更改し、1000万円増の7000万円プラス出来高でサインした。

 今季は自己最多60試合に登板し2勝5敗、防御率3・15をマーク。蓄積疲労による左肩痛を抱えながらも1シーズンを戦い抜いた。

 交渉の席では中継ぎ陣の待遇改善を要求。「中継ぎの評価について話しました。野手に比べてきついんじゃないかと。僕とか益田が言わないといけない。僕らがいなくなってもチームは続いていく。より良い環境にもっていければと思います」と後輩たちのことも考えて球団と話し合いを行ったことを明かした。

プロ野球
注目トピック