【日本ハム】スカウトにプロ未経験者をまた登用 ロッテ鈴木ら育てた桐蔭学園元コーチ坂本氏

2018年12月18日6時0分  スポーツ報知
  • ロッテ・鈴木

 日本ハムのスカウトに、桐蔭学園高の硬式野球部の元コーチで、現在は同校職員の坂本晃一氏(51)が就任することが17日、分かった。プロ出身ではないが、高校時代のロッテ・鈴木や楽天・茂木を育てた確かな目で、未来のチームを支える金の卵の発掘を担う。

 坂本氏は桐蔭学園高から専大を経て、1989年に株式会社ヤナセに入社。98年に退社後、99年に母校の硬式野球部顧問兼コーチに就任し、2013年7月まで務めた。球団側は夏の優勝1度を含む、春夏通算11度の甲子園出場の名門で指導した経験などを評価し、オファーしたもようだ。

 日本ハムはプロ経験のない異例の人材を抜てきし、チーム強化へ動いている。現スカウト部長の大渕隆氏(48)は、日本IBMから新潟の県立高校教諭を経て06年からスカウトに就任。来季からファーム総合コーチに就任する原田豊氏(60)は東海大から社会人野球・協和発酵に進み、選手、監督として活躍後、母校・柳井高の監督を経てスカウトに。その後、今年11月にコーチへと異例の転身を遂げた。

 このような起用の理由に、「スカウティングと育成」という基本方針がある。今年のドラフトは8人中、高校生を5人指名。既成概念にとらわれない人材起用で、より将来性のある選手のスカウティングを可能とし、自ら育てていく。坂本氏は来年2月から正式に就任。日本ハムに新たな“戦力”が加わる。

プロ野球
注目トピック