【広島】ドラ1小園、同世代で「1番になりたい」

2019年1月12日6時0分  スポーツ報知
  • 衣笠祥雄さんのユニホームなどを見学する小園海斗(前列左から2人目)(代表撮影)

 日本野球機構(NPB)の新人選手研修会が11日、都内のホテルで行われ、12球団から112人が受講した。日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=は、野球殿堂博物館でエンゼルス・大谷翔平投手(24)の特設ブースを視察。「自分も飾られるような選手になりたい」と宣言した。中日の同1位・根尾昂内野手(18)、ロッテの同1位・藤原恭大外野手(18)=ともに大阪桐蔭=ら注目ルーキーも出席した。

 広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18)=報徳学園高=は、野球殿堂入りの夢プランを立てた。野球殿堂博物館では、広島OBの故・衣笠祥雄さんのユニホームなどに目を奪われた。「殿堂の中に入れるように頑張りたい。同世代はすごい選手が多いけど、その中で1番になれるようにやっていきたい」と、気持ちを新たにしていた。

プロ野球
注目トピック