【阪神】甲子園球場が新メインビジョンお披露目 表示面積は1.6倍

2019年3月4日15時2分  スポーツ報知
  • お披露目された阪神甲子園球場のメインビジョン。選手を紹介する映像が流された

 阪神甲子園球場は4日、「阪神甲子園球場ビジョンお披露目式」を行った。

 これまで3面に分かれていたメインビジョンが1面化した大型スクリーンとなり、表示面積は約1.6倍に。表示解像度が約4倍、コントラストが約1.5倍になり、より鮮明で迫力ある映像を見ることが可能となった。工事は昨年11月から行われていた。

 担当の岡久俊治球場長代理(48)は、「新たに動画もふんだんに使って演出をしていこうと思っています。ぜひ、生まれ変わった甲子園球場にご来場いただければ」と期待を寄せた。9日の日本ハムとのオープン戦から使用される。

プロ野球
注目トピック