大阪堀江、大逆転で初の全国切符…第49回日本少年野球選手権大会大阪南支部予選・小学生の部

2018年7月6日6時0分  スポーツ報知
  • 全国初出場を決めた大阪堀江ナイン

 ◆第49回日本少年野球選手権大会大阪南支部予選 ◇小学生の部▽決勝 大阪堀江ボーイズ9―5大阪泉州ボーイズ(6月30日、1日・浜寺公園NO2球場ほか)

 「第49回日本少年野球選手権大会」(8月2~6日、大阪シティ信用金庫スタジアム)の大阪南支部予選・小学生の部は大阪堀江ボーイズが昨年日本一の大阪泉州ボーイズを破り初の全国出場を決めた。

 大阪堀江が4回、打者14人の猛攻で大逆転し、決勝3度目にして初の選手権出場を決めた。

 4点ビハインドの4回、2番・中野の左前打から西田陽、松本も続き、無死満塁。5番・脇本は右中間を破る走者一掃の適時二塁打を放った。さらに戸梶、西田大の左前打、関本の右越え安打で再び塁を埋め、9番・中川が中越えへ走者一掃の適時二塁打を放ち、逆転。その後も松本の2点二塁打など、この回8連打を含む10安打で一挙9点を奪い、試合をひっくり返した。

 「狙っていけと監督に言われていた外角の、ちょうどいいコースだった」と脇本。「フルスイングを心掛けた」と松本。早川監督は「走者をためて、しっかりかえす。常日頃から練習してきたことを選手全員がやってくれた」と誇らしげだった。

 過去に2度、決勝に進むが勝ち抜けなかった。個々の能力を高めるため、小中一貫で指導してきた。「3、4人から始め、目指してきた野球ができた」と早川監督。松本主将は「全国ではどこのチームにも気合で負けない」と誓った。

ボーイズリーグ
注目トピック