生駒、接戦を制し2年ぶりの本戦進出…第48回関西秋季大会奈良県支部予選

2018年10月3日6時0分  スポーツ報知
  • 2年ぶりの代表にガッツポーズの生駒ナイン

 ◆第48回関西秋季大会奈良県支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 生駒ボーイズ4―3橿原ボーイズ(9月24日・五條上野公園野球場)

 「第48回関西秋季大会」(20日開幕、淡路佐野第一野球場ほか)の奈良県支部予選は生駒ボーイズが2年ぶりに代表に決定した。

 生駒が接戦の末、橿原を破り、2年ぶりに代表の座を獲得した。

 2点ビハインドの4回だ。3回までノーヒットだった打線が息を吹き返した。先頭の2番・坂井が右前へチーム初安打。続く川人の二塁打で二、三塁とチャンスを広げると、4番・近藤が右翼へ適時打。1死後には6番・内藤が右翼へ同点打を放った。

 打順が4番から6番に下がっていた内藤は「ここで打たないと次はないと集中した。自分の不振のことより、チームの勝利を考えた。しっかりミートできてよかった」と笑顔。さらに一、二塁から重盗を仕掛けて相手の悪送球を誘い、二塁走者の近藤が生還。5回にも1死満塁から近藤の右犠飛で1点を追加した。

 投げても先発・近藤が「力が入ったが、悪いなりに修正できた。本戦では、投球数を少なくし、完封、完投を目指します」と6回3失点にまとめると、1点リードの7回は川人が無失点に抑え、逃げ切った。「全員思い通りに力を出せた」と中本監督。寺川主将は「本戦でも、厳しい試合を全員野球で乗り切る」と力強く誓った。

ボーイズリーグ
注目トピック