大阪泉南、終盤鮮やかな逆転劇で代表切符…第48回関西秋季大会大阪南支部予選

2018年10月12日6時0分  スポーツ報知
  • 本大会出場を決め、表彰を受けるナイン

 ◆第48回関西秋季大会大阪南支部予選 ◇中学生の部▽代表決定戦 忠岡ボーイズ5―9大阪泉南ボーイズ(6日・太子グラウンド)

 「第48回関西秋季大会」(20日開幕・淡路佐野野球場ほか)の大阪南支部予選は大阪泉南ボーイズの本戦出場が決定した。

 終盤の集中打で鮮やかな逆転勝ちを見せた大阪泉南が、大阪南支部での最後の代表切符を獲得した。

 メイクドラマは6回に起こった。2点をリードされた直後、口火を切ったのは4番・太佐だった。無死二塁から右越え適時二塁打で1点差に追い上げると、続く高瀬も中前打でチャンスメイク。6番・今西が右翼線へ逆転二塁打を放った。その後も攻撃の手を緩めず、2番・岸本の走者一掃タイムリーなど一挙7点を奪った。

 岸本主将は「つなぐ野球をナインが考えて成功した。忠岡に打ち勝ったことでナインにも自信がついた。本大会は楽しみ」と笑みを浮かべた。

 イニングごとにベンチでナインを鼓舞した近藤監督も「強豪の忠岡を打ち破った。この勝利は練習の成果が出たとしておきましょう」と、チームの成長に手応えを感じた様子だった。

ボーイズリーグ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック