堺南、4点差を大逆転!大会初優勝飾る…第41回高石大会

2018年11月30日6時0分  スポーツ報知
  • 優勝にガッツポーズの堺南

 ◆第41回高石大会 ◇小学生の部▽決勝 大淀ボーイズ5―7堺南ボーイズ=延長7回=(25日・高砂球場)

 「第41回高石大会」は、堺南ボーイズが終盤の逆転劇で大会初優勝を飾った。

 堺南が大逆転で初優勝を飾った。4点を追う最終回、1死から南、高西、代打・橋本の3連続長短打で2点差に迫ると、2死満塁で打席に立った3番・矢野が右前へ同点の2点適時打を放ちガッツポーズ。「次は4番。負けていたので、しっかりつなぐことを考えていた。うれしいです」と笑みを浮かべた。

 4回から救援した高西は3点を失うも「最初は力が入りすぎていた。力を抜いたら楽になった」とその後はゼロ封。打っても延長7回無死一塁で勝ち越しの中越え適時二塁打を放ち「コーチに上げる感じで打てとアドバイスされた。めちゃくちゃ気持ちよかった」と胸を張った。

 4安打を放ち、決勝のホームを踏んだ南主将は「優勝できてうれしい。最後まで諦めずに試合ができたことがよかった。これから春季全国大会の予選に向けて、もう一度しっかり練習します」とすぐに気持ちを切り替えた。

ボーイズリーグ
注目トピック