大阪八尾、猛攻10得点で連覇へ好発進…第49回八尾大会

2019年3月15日6時0分  スポーツ報知
  • 大阪八尾の谷浦は6回無死満塁で、走者一掃の三塁打を放つ

 ◆第49回八尾大会◇小学生の部▽1回戦 大阪八尾ボーイズ10―6中百舌鳥ボーイズ(10日・吉原球場ほか)

 「第49回八尾大会」が開幕し、小学生の部では昨年優勝した大阪八尾ボーイズが2ケタ得点の猛攻で初戦突破。連覇に向けて好発進した。

 昨年の覇者、大阪八尾が2ケタ得点を奪って勝利。連覇に向けて好スタートを切った。

 初回、2死二、三塁から5番・川辺が左翼へ先制の2点適時打。さらに敵失などで1点を加え、主導権を握った。3回にも4番・久保の適時打、4回に2点を加え、リードを広げると、6回には無死満塁から3番・谷浦が「うまく振り抜けた」と中越えに走者一掃の三塁打。一挙4点を奪い、試合を決めた。

 投げては先発・俵積田が「初回はダメだったが、2回以降は切り替えられた。次は抑える」と言えば、2番手で登板した三輪も「ボールが多かった。今後調整していきたい」と反省。最終回に登板した5年生の久保は「ピンチになり緊張した。点差があったし、何とか抑えられた」と投げ切り、初戦を突破した。

 三輪主将は「先制したが、守備が悪く苦戦した。調子が悪かったが、声を出し盛り上げて頑張った。優勝を目指します」と連覇を誓った。山口監督は「エラーが多く、全然ダメ。打線がよく打ってくれ、投手陣がしっかり投げての勝利。思い通りじゃなかったが」と、守備のミスから追い上げられた展開に苦笑いを見せた。

ボーイズリーグ
注目トピック