由梨ちゃん、イサキに大興奮!良型2点掛けの引きスゴイ…西川名港・竜一丸

2018年7月12日6時0分  スポーツ報知
  • 由梨ちゃんが釣り上げた30センチ級の良型イサキ(竜一丸で)
  • イサキの鋭い引きを味わい、笑顔になる由梨ちゃん

 釣りガールの晴山由梨が、南房・西川名沖でイサキ釣りを楽しんだ。西川名港の報知指定・竜一丸の乗合船で繰り出すと、25センチ前後の食べ頃サイズがよく釣れた。そして、30センチ級の良型もゲット。イサキは産卵期を迎え、南房ではシーズンも終盤。これからはマダイ釣りも始まる。今季最後のイサキ釣りを楽しもう。

 今が旬のイサキを狙って、竜一丸にお邪魔しました。船宿に行くと「遠いところをよく来て下さいました」と女将(おかみ)さんが出迎えてくれました。ここにくると、なんだかほっとします。竜一丸には、これまでに何度かお邪魔していますが、イサキ釣りは今回が初めて。期待を胸に船に乗り込み、西川名沖へ。

 港を出て10分も走れば、最初のポイントに到着です。なので、出船前からビシにコマセを8割ほど詰め、ビシの上窓は3分1ほど空けておきます。ハリにはバイオベイトをつければ準備完了。ポイントが近いと、釣りにたっぷり時間を使えるのでうれしいですよね。「水深30メートルまでビシを下ろし、そこから2~3回に分けてコマセをまいて、27メートルで待っていて下さい」と安西竜一船長のアナウンスが入ります。さっそく釣ってみますが、なかなかアタリがありません。「午前中はここでよく釣れたんだけど、状況が変わったみたい」と言って、安西船長はポイント移動を繰り返します。

 何度目かの移動で、まずは船首側のお客さんにヒット。続いて胴の間でヒット。船尾にいた私。「次は私の番かな」とコマセを振り直して待っていると、私の竿先もクククッと食い込み始めました。1尾目は確実に取り込みたいので、リールをゆっくり巻いてきます。姿を見せたのは20センチぐらいの可愛らしいイサキ。

 次はちょっと欲張って多点掛けを狙います。1尾掛かってもすぐに巻かずに少し待ってみることにしました。もう一度ククッと竿先が入ったところでゆっくりと巻いてきます。何尾付いているかドキドキわくわく。水面にまず1尾目、その下にもう1尾の影も見えてきました。ハリスがたるまないように気をつけながら、エイッと抜き上げ、無事に2点掛けに成功。やった♪

 最後にもう1つお願い。30センチ級が釣りたい。この欲張りなお願いにも西川名の海は応えてくれました。30センチ級の丸々と太った良型が食ってきたのです。良型が2尾かかった時の引きは、ひと際強くて興奮しちゃいます。船ではマダイを釣った方もいて、うらやましかった~。西川名沖のイサキ釣りは終盤。ぜひお早めに挑戦してみて下さいね。(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり)1988年5月11日、鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「これからのイベント出演などはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

釣り
今日のスポーツ報知(東京版)