暑さぶっ飛ぶチヌの爽快な引き…大阪南港

2018年8月9日6時0分  スポーツ報知

 今年の夏は、とにかく暑い。しかも、こんなタイミングで家のエアコンが壊れてしまった…。もう、釣りでうっぷんを晴らすしかない! 大阪南港の報知フィッシングクラブ「丸高渡船」(大阪市住之江区)に1日、釣行。チヌ・フカセ釣りの名手、前西喜弘さん(がまかつフィールドテスター)と良型チヌの引きを楽しんだ。

 青い夏空が、早朝から出迎えてくれた。午前5時の一番船で出港。チヌの他に人気のマダコ、アジ、ハネなどターゲットが豊富なせいか、この日も多くの釣り人が乗船していた。

 10分弱でJグリーンに到着。湾奥にある堤防で、長さは400メートルほど。北側のスポーツ施設に向いて釣り座を構えた。足元の支柱周りについているチヌを狙うのだ。

 まき餌を打って、さあ第1投。上潮は、ゆっくり右から左に流れていた。水深は2ヒロ半。20センチほど底を切るようにウキ下を調整した。

 いきなり、前西さんの竿が大きく弧を描いた。刺し餌は練り餌。重量感のある引きを味わいながら、魚を浮かせた。「チヌやで。デカい!」。わずか2投目で48センチの本命をゲットした。

 記者のウキにも反応が出た。モゾモゾっと沈んだかと思うと、ズーンと一気に水中へ消えた。竿を叩く独特の引き。40センチの良型チヌをエビのむき身で仕留めた。

 最高のスタートを切ったが2尾目は遠かった。「いきなり釣れた魚は、まき餌で寄せたわけじゃないから。スミイチってよくあるねんなあ」。名手の口から不吉な言葉が出た。苦潮の影響だろうか、カニが水面に浮かんでいた。チヌの反応は皆無。ボラの群れだけが、元気にまき餌に群がった。

 満潮から少し時間がたち、止まっていた潮が動きだした。午前10時半、前西さんがオキアミとコーンのミックス掛けで42センチのチヌをゲット。「夏場は底潮が悪い場合がある。反応がないときは20センチぐらいずつタナを上げていくんよ」。その作戦をすぐ実行。記者も37、44センチと連発で本命を仕留めた。

 正午の船で帰港。結局、チヌの釣果は前西さんが40~48センチ3尾で記者は37~44センチ4尾。潮が下げ始めたチャンスを逃さず、力強い引きを満喫した。

 今後、しばらくは良型が期待でき、秋口からは型が小ぶりになる反面、数が望める見通しだ。真夏の“アーバン・チヌ”は、暑さも忘れるほどの爽快な引きだった。(小谷 竜一)

 ◆この日の餌 まき餌はマルキユーの「サッとオキアミ」、「ナンバー湾チヌ2」、「ニュー活さなぎミンチ激荒」を1袋ずつ混合。刺し餌は同社の「くわせオキアミスペシャルチヌ」、「特鮮むきエビ」、「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」を使った。

 ◇問い合わせ 報知フィッシングクラブ「丸高渡船」(TEL06・6613・1075)へ。ホームページあり。

 ◇交通 大阪市内からは阪神高速4号湾岸線・南港中出口、堺方面からは同・南港南出口からすぐ。南港ポートタウン線(ニュートラム)南港東駅から徒歩5分。

 ◇料金 渡船料金は場所によって異なり、大人1人1500円または2000円。女性と中学生は1人800円または1000円。小学生以下は無料(要保護者同伴)。

 ◇時間 時期によって異なり、現在は午前5時~午後6時半。

釣り
注目トピック