【藤原義雄の南紀直送便】レバーブレーキを有効に使い大物ゲットだ

2019年2月7日6時0分  スポーツ報知

 皆さんはリールのレバーブレーキを有効に使っているだろうか。最近、会友を見ていると、どうもうまく使いこなせていないように思う。むやみにラインを出して、かえって大物をバラシているのでは…。ラインを出す必要がないほどの太いハリスを使うのが一番だが、そうもいかない。今回は、細めのラインでもレバーブレーキを有効に操作することで大型グレを取る方法を紹介したい。

 有効な操作といっても特別には何もない。要はラインを出すか出さないか、それだけのことだ。そもそも、ある程度の太さの道糸とハリス、ハリをきっちり結んでいればグレに切られることはまずない。根にこすれるから切れるのだ。ただ、グレの動きは素早く、一瞬でももたつくと危険な状況に陥ってしまう。

 経験上、特に気をつけなければいけない場合が2つある。まず1つ目は、「グレに根に張り付かれた場合」。すでにラインは根にこすれているので一瞬、レバーブレーキを解除して根にこすれている部分に“ゆとり”を持たせてやるのだ。その後、グレがどこに走ってラインがどの根にこすれたのかを判断して、有利にやり取りできる場所に立って体勢を整える。グレの動きが止まれば、もうラインは絶対に出さないこと。

 2つ目はグレをかけた瞬間、一気に「足元まで竿先が絞り込まれるほど先手を取られた場合」。レバーブレーキを即座に解除して、弧を描いている竿の角度を45度まで立て直す。この場合も有利にやり取りできる体勢に持ち込むためにレバーブレーキを使うのだ。

 私は南紀で50センチオーバーのグレを釣ることに執着している。ラインを出さなくてもいいのに出してしまい、何度も痛い目に遭っている。魚に引かれるままラインをズルズル出していけば、いずれ根ズレで切られる。レバーブレーキを解除するのは、今回に挙げた2つの場合だけで完ぺき。さあ、あとは大型グレに餌を食わせるだけだ。

※毎月第1木曜日に掲載

釣り
注目トピック