【晴山由梨きょうも釣り日和】早川港・平安丸でキンキラキンメ30センチ級ゲット

2018年12月20日11時0分  スポーツ報知
  • キンメダイを3尾掛けで上げて喜ぶ由梨ちゃん(平安丸で)
  • 高級魚のクロムツも交じった

 釣りガールの晴山由梨が、相模湾で深海釣りを楽しんだ。小田原・早川港の報知指定・平安丸の根魚五目乗合船で小田原南沖へ。水深300メートル近い深場に仕掛けを入れると、力強い引きとともに紅色に輝く30センチ級のキンメが次々に上がってきた。このほか高級魚のクロムツやメダイも交じり、大喜びだった。

 キンメダイ釣りというと、重たいオモリを使うへビーなイメージだったのですが、平安丸では使うオモリ150号。道具がライトなので一日手持ちで誘うこともできちゃいます。何といってもライトタックルは、アタリがダイレクトに感じられるので楽しいんです★

 この日はまず小田原南沖水深280メートルからスタートです。オモリが底まで落ちたら、5メートルほど上げて、アタリを待ちます。小林伸光船長によると、底からかなり上の方まで反応が出ているとか。しばらくすると竿先がガタガタと震え始めました。巻き上げてくると、さっそく30センチ級のキンメが釣れました。幸先のいいスタートです。

 ところが、周りではキンメが7尾、8尾掛けになって上がってきています。私がうらやましそうに見ていると「反応の幅が広いから、多点掛けを狙うなら仕掛けのハリ数は多い方がいいよ」と小林船長。私は5本バリの仕掛けを使っていたのですが、ハリ数はもっと多い方がよかったみたい。

 次の流しでは、仕掛けを底まで落とすと、すぐにアタリが出ました。そのまま待っていると、竿先の動きがどんどん激しくなっていきます。頃合いを見て電動リールの巻き上げスイッチをON。巻き上げている間も竿先がグングン引き込まれます。何尾ついているかドキドキ。キンメ釣りはこの時間が楽しいんです。上げてみるとキンメが3尾連なって見えてきました。5尾掛けを期待したんだけどな~(笑い)。でも高級魚のキンメが一度に3尾も釣れるなんて、普通に考えればかなりぜいたくなことですよね。船中では40センチ級の良型も姿を見せました。

 キンメの食いが少し落ち着いた頃には、クロムツやメダイも釣れて、これまたうれしい&おいしいゲストが釣れました。おいしい魚がいろいろ釣れちゃうのが深場釣りの魅力なんです。クーラーボックスが、あっという間に宝箱状態になり、大満足の釣りでした。(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり)鳥取市生まれ。広島大教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「12月24日、横浜・港北区のキャスティング港北店で行われるレディースアングラーズアワー2018に参加します。このほかのイベント出演などはブログ(QRコード参照)でお知らせしています。チェックしてみてください」

 ◆めも キンメ釣りの近況、乗合船は早川港平安丸(TEL0465・22・0676)。乗合船は予約制。午前5時集合、集まり次第出船。料金は氷、サバの身餌付き9000円。駐車場あり。

 以下の船宿でもキンメを狙う乗合船が出る。

 千田港三喜丸(TEL0470・43・8293)

 あぶずり港長三朗丸(TEL090・3349・4882)

 小坪港太郎丸(TEL0467・22・7662)

 網代港森竜丸(TEL0557・68・1477)

 須崎港ほうえい丸(TEL0558・22・1047)

釣りコラム
注目トピック