菅田将暉、土屋太鳳に「右脳と左脳がスパイラルに動いてる」と絶賛され照れ笑い

2018年4月16日19時48分  スポーツ報知
  • 映画「となりの怪物くん」の公開直前イベントに出席した菅田将暉と土屋太鳳

 俳優の菅田将暉(25)と女優の土屋太鳳(23)が16日、都内でダブル主演映画「となりの怪物くん」(27日公開、月川翔監督)の公開直前イベントに出席した。

 同作は、累計610万部を突破した人気少女コミックが原作。行動予測不能な問題児・吉田春(菅田)と、ガリ勉で冷血な女子高生・水谷雫(土屋)がひかれ合っていく姿を描く青春ラブストーリー。

 役どころで怪物だと思う一面について、菅田は「春はずっと笑顔。無邪気さや素直さがあった。撮影ですごい表情筋が疲れて、こんなに笑ったことは映画でなかった」。土屋は「努力の仕方が怪物だな。しずくちゃんの夢は弁護士で、私もポケット六法全書を買ったんです」と明かし、菅田も「怪物だね、君も」と驚いていた。

 2人は初共演。互いについて菅田は「怪物ですよ、太鳳ちゃん。運動神経がすごくて、劇中でバッティングセンターで打つシーンがあって、しずくはひ弱だけど太鳳ちゃんは本気出せば全部ホームラン打てるくらい。監督が『腰が入ってるね~』と言ってた」と爆笑を誘った。

 一方の土屋も「菅田くん、熟睡は怪物です。なかなか起きなかった」と明かし、「お芝居の時はすごい空気をまとって、右脳と左脳がスパイラルに動いてる感じ」と独特な表現で褒めちぎり、菅田「ワット? どういうこと?」と照れ笑いを浮かべていた。

 ステージでは一般公募で選ばれた“怪物”4人と対決した。フラッシュ暗算、絵心、柔軟と次々に戦い、ラストは菅田が二重跳びで女子高生と対戦。約40秒間跳び続けで客席から大拍手を浴びたが惜敗し、「もう年ですね」と苦笑した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)