TOKIO山口達也が離婚会見 ジャニーズ事務所初 〈2016年8月〉

2018年4月25日17時50分  スポーツ報知

 〈2016年8月〉 TOKIOの山口達也(44)が5日、都内で会見し、08年3月に結婚した5歳下の元モデルの女性と離婚したことを発表した。理由については「自分の未熟さ、自分本位の生活」と説明。2人の男児の親権は別れた妻が持つが、子供との面会制限はなく、山口が養育費、生活費を支払う。慰謝料はない。ジャニーズ事務所のタレントが離婚会見するのは初めてだったが、今後も「徒歩5分」の距離に住むことを明かすなど、父としての覚悟を見せた。

 冒頭あいさつだけで約10分に及んだ。会見直前、元妻からこの日3度目の電話があったという。「『あなた一人で大丈夫?』と。『現場にいないけど、そばにいる。すべてしゃべってらっしゃい。ドンとやってきなさい』と言葉をいただいた。一緒に会見をさせていただいているつもりで、今日はみなさんの質問すべて答えるつもり」。覚悟を決めたように真っすぐ前を見つめた。

 「自分のやりたいことを優先させてしまった。大事なときにお父さんがいないというのは、私が思う以上に彼女にとっては負担だったと思う」。結婚前の04年に趣味のサーフィンのために2人で鎌倉に移住。だが、結婚し、2人の男児の父親になった後も仕事の多忙を理由に、週の半分も自宅に帰ることはなかった。約3年前、家事育児を任せっきりにしていた妻から離婚話を切り出された。

 2年前に都内に引っ越し、家族関係の改善を試みたが、溝は埋まらなかった。今年4月から別居。「婚姻関係、親子関係があるうちに、もっと4人で会おうという話になり、夏休みを待った」。小学校2年生の長男(8)、幼稚園の次男(5)と最後の“だんらん”を楽しみ、この日、代理人が離婚届を提出した。出会って16年、結婚から8年でのピリオドだった。「女性問題が原因か?」という問い掛けには「ないですね」ときっぱり否定した。

 ジャニーズ事務所の現役タレントの離婚は3人目だが、会見したのは山口が初めて。「今日を機にいろんな臆測であったり、誹謗(ひぼう)中傷が出ることは間違いなく考えられる。(元妻も子供も)芸能界以外の方。温かく見守ってほしい」。家族を守りたい一心から自ら矢面に立つことを決めた。会見後は会場出口で、報道陣一人ひとりに異例の“お見送り”をした。

 16年連れ添った元妻には「彼女は2人の子供に『山口達也というのは、常にテレビとかステージに立ってるヒーロー。お父さんはヒーローなんだよ』と。離婚が決まってからも、ずっと言ってくれていた」と感謝した。離婚後も、都内で歩いて5分ほどの距離で生活を送る。「子供たちだけでも歩いていけるような距離にした」。慰謝料はなく、養育費を含めて生活は全面的にバックアップする。「(子供の)パンツ一枚に関しても私が買いたい」。家族への変わらぬ思いを胸に新たな人生を踏み出す。

 <山口達也>(やまぐち・たつや)1972年1月10日、埼玉県生まれ。44歳。94年にTOKIOのベーシストとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。同年NHK紅白歌合戦に初出場。現在は日テレ系「ザ!鉄腕!DASH!」「幸せ!ボンビーガール」などに出演。情報番組「ZIP!」のMC(月・水曜)としても活躍。趣味はサーフィン、キャンプ、オートバイ。

 [山口達也に聞く]

 ―目のけがは夫婦げんか?(7月に左目に眼帯をつけて日テレ系「ZIP!」に生出演し、「自転車で転んだ」と説明していた)

 「夫婦げんかだったら、相当な奥さん。そしたら、こっちが離婚してくださいって言う」

 ―メンバーに報告は。

 「3年ぐらい前に、もしかしたらこういうことになるかもと。離婚しますと伝えたのはおととい」

 ―何が足りなかったか。

 「奥さんに対するフォローだったり優しさだったり、足りないことだらけ」

 ―離婚会見は異例。

 「こういう場をいただいて自分の口で言えるのはありがたい。変な“ジャニーズ初”ですけどね」

 ―女性問題はない?

 「ないですね。女性の友達はたくさんいます」

 ―今後の恋愛、結婚は。

 「お互いにまず紹介できるような人がいれば、そういうこと(再婚)もあるでしょうけど、まあ別れた日に次の恋愛(の話)はね」

 〇…ジャニーズ事務所の現役タレントで離婚したのは、過去に元男闘呼組の岡本健一(07年)、少年隊の植草克秀(10年、13年に再婚)で山口が3人目。TOKIOでは国分太一(41)が昨年9月に結婚。その他の城島茂(45)、松岡昌宏(39)、長瀬智也(37)はいずれも独身。

 (2016年8月6日付紙面から)

 

芸能
注目トピック