久米宏、西野朗監督との親戚関係を告白「あまり会ったことないんですけど間違いない」

2018年6月24日12時43分  スポーツ報知
  • 久米宏

 フリーアナウンサーの久米宏(73)が自身がパーソナリティーを務める23日放送のTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜・後1時)でサッカー日本代表監督の西野朗監督(63)と親戚であるいうことを明かした。

 サッカーファンだという久米は、日本が2―1でコロンビアを破った試合を友人らとテレビ観戦。番組のオープニングでは、その時の興奮を振り返った。そして、今回のW杯は「なぜか、今回のロシアW杯ってロシアでやるということもあって今ひとつ、盛り上がってなかったんですね、4月11日までは。4月12日という日付けを境にして今回のW杯が気になるというか、興味がわくというか、正確に言うととっても心配。異常なぐらい今回のW杯が気になってきまして」と明かした。

 4月12日はハリルホジッチ前監督に代わり、日本代表の監督に西野氏が就任した日。「これを聞いた瞬間にW杯が心配で心配で」という久米は、「西野朗という人は実はボクの親戚なんです」と告白した。「ちょっと遠い親戚なんですけど。あまり会ったことないんですけど、親戚であることは間違いなくて、向こうもどうやら知っているんです」

 「コロンビア戦で引き分けか勝ったらこのことを言おう。負けたら場合はひた隠しにするつもりだった」と久米。親戚が日本代表の監督になったことについて、「誰にもこの心境は分かってもらえないと思うんです。想像以上のプレッシャー。親戚が日本代表の監督になったなんて、考えられないことなんです」と祈るような気持ちでW杯を見守っていることを明かしていた。

芸能
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)