Facebook
Twitter

「みちのく娘!」美空ひばりさんに報告「ひばりさんの名曲を歌い継ぐ」

2018年6月26日16時42分  スポーツ報知
  • 故・美空ひばりさんの墓前報告に訪れた「みちのく娘!」の(左から)羽山みずき、工藤あやの、津吹みゆ

 工藤あやの(24)、津吹みゆ(22)、羽山みずき(26)による演歌3人組ユニット「みちのく娘!」が26日、横浜市の日野公園墓地に眠る美空ひばりさんの墓前を訪れた。

 工藤と羽山が山形、津吹が福島と東北出身の3人が、昨夏に「東北っ娘 3人娘」として活動をスタート。今年5月放送のNHKBSプレミアム「新・BS日本のうた」で、「みちのく娘!」としてひばりさんの名曲「お祭りマンボ」を振り付きで初披露した。

 3人が踊りの指導を受ける花柳流の師匠・花柳糸之氏がひばりさんの兄弟弟子という縁もあり、今後ひばりさんの名曲を歌い継ぐことを墓前に報告し、花を供えた。リーダーの工藤は「私たち歌手の道を切り開いてくれた方にごあいさつできてうれしかった」。津吹は「ひばりさんが作った歌の素晴らしい時代を受け継いでいきたい」、羽山は「3人でひばりさんの曲に挑戦したいと強い思いを抱くことができた」と語った。

 11月にはCDデビューし、コンサートも行う予定。工藤は「東北っ子も頑張っているところを全国へ発信したい。バスツアーをして行く先々でライブがしたい」と抱負。最後は、3人で「めんこがってけろ~!」(東北弁で「かわいがってください」)と初々しく声を張り上げた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ