大橋彩香、七夕の浴衣姿で「東京ドームでライブ フライングで空を飛びたい」

2018年7月3日5時0分  スポーツ報知
  • 浴衣姿を披露した大橋彩香

 声優で歌手の大橋彩香(23)が2日、都内で七夕の浴衣姿を一足先に披露した。

 ストライプ柄の浴衣で登場。「猫のいる島にいきたい」「筋肉ムキムキになりたい」など、21枚の短冊に願いごとをつづった。

 この日ファンクラブ「BIG BRIDGE FAMIRY」を開設したこともあって「ファンクラブ目指せ10万人」という願いもあり、「ファンの皆さんと家族のようなお付き合いをしたい。いつまでに10万人? 10年後!」と堅実な目標を掲げ、「まずは横浜アリーナでファンクラブの集まりをやりたい」と語った。

 11年のホリプロ声優オーディションのファイナリストで、14年に歌手デビュー。歌、ダンス、ドラムが得意で、今年4月のパシフィコ横浜での単独ライブはチケットが10分で完売する人気ぶりだ。「いつか東京ドームでライブがしたい。フライングの演出で空を飛びたい。高所は苦手ですけど、見切れた席でも見えるのでフライングは大事」と力を込めた。

 小学生時代にガールズバンド・ZONEに憧れ、「ZONEモデルのギターを買ったけど、弾けなかった」と大橋。小学5年から電子ドラムを始めた。一方で、幼少期からアニメソング好きで、中学生時代にはよく1人カラオケに通って練習したという。現在はアニメ「アイカツ!」などで声優を務め、「アニメで自分の声が聞こえるとうれしい。子供向けの作品に出るのは夢だった」と振り返る。

 理想の男性のタイプについても語った。2次元のイケメンに憧れており「マンガ『黒子のバスケ』の黄瀬涼太くんっていう金髪のイケメンがタイプです。3次元? いずれは…。私、あまり人に興味がないタイプなんです」と笑わせた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)