安達祐実、七夕の願いごとは「あと10センチ身長が伸びますように」

2018年7月4日20時47分  スポーツ報知
  • dTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」の試写会イベントに出席した栗山千明(左)、安達祐実

 女優の栗山千明(33)、安達祐実(36)が4日、都内でdTVオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」(配信中)の試写会イベントに出席した。

 男性アイドルオタクで35歳という共通点の女性5人が抱える悩みやトラブルをリアルに描く同作。セレブ主婦役の栗山は「アイドルという元気をもらえる対象があることに憧れました。私は食べ物しか浮かばない」と苦笑い。普通の主婦を演じた安達は「ライブのシーンで久しぶりに黄色い声を出してストレス発散できた。最初は低いトーンの声しか出なかった」と笑わせた。

 Da―iCEの岩岡徹(31)、和田颯(24)らによる劇中の男性5人組グループ「スノーホワイツ」が劇中歌「LaLaLa...」を生披露。栗山が「撮影中もメイク中も曲をかけて歌詞を覚えました」と明かすと、平井理央(35)から「栗山さんが覚えるのがすごく早くて、栗山さんの歌で覚えた」と絶賛された。

 間近に迫った七夕の願いごとについて、栗山は「たくさんの笑顔があふれますように」。安達は「あと10センチ身長が伸びますように」とつづり、「中学生くらいでストップした。そこまで早くストップすると思ってなかったので、そこまで身長が伸びる努力をしなかった。今152センチなので160センチ超えてみたい」と切実に語った。

 また、平井は「健康第一」と書き、「今年に入って5回風邪をひいて、1回急性胃腸炎をやった。35歳、女のリアルとしてはマジで健康第一だと思う。ほぼ毎年厄祭りですよ」と笑わせた。

 このほか、江口のりこ(38)、富山えり子が出席した。

芸能
注目トピック