フジ社長、元常務の71歳での俳優デビューに「勇気をもらいました」

2018年7月6日15時58分  スポーツ報知
  • フジテレビ

 フジテレビの定例社長会見が6日、東京・台場の本社で開かれた。

 宮内正喜社長(74)は同社の元常務でドラマ「北の国から」などのプロデューサーとして知られる山田良明氏(71)が俳優に転身。7日初日の、つかこうへい原作の舞台「新・幕末純情伝」でデビューすることについて「同世代なので勇気をもらいました。私も第三の人生で挑戦しようかと」と笑わせた後、「彼のチャレンジ精神に敬意を表します」と続けた。

芸能
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ